100万人に役立つ!あるある身近な生活情報!

もし知ってたら得する情報、知っとくと便利な情報盛りだくさん。みなさんに役立つ情報サイトです。

世界の歴史を学ぶ

ベルリンの壁は1人の記者の勘違いで崩壊!地図、現在の場所も地図で

投稿日:2017年3月6日 更新日:

 

ベルリンの壁の崩壊理由を聞いたら・・・

腰が抜けた・・・

そんな簡単なきっかけだったの!?

Sponsord Link

 

 

だけどの今、考えるとその1人に記者

は英雄扱いだよね。

 

ベルリンの壁は地図でいうとどこら

へんにあるのでしょう?

 

ベルリンの壁の現在は?住所地でいうと

何番地になるのでしょう?

 

気になるベルリンの壁を詳しく調べて

みました。

 

 

○ベルリンの壁の地図は?

○ベルリンの壁の場所は?

○ベルリンの壁の現在は?

○ベルリンの壁…勘違い?

○ベルリンの壁のアート?

○ベルリンの壁講座♪

 

以下は、(ベルリンの壁の

アート?)という動画です。

 

 

ベルリンの壁の地図は?

ベルリンの壁は、西ベルリンを囲むように作られていましたよ。

ベルリンの壁を地図でわかりやすくしておきましたので、URL

を載せておきますね。

→ベルリンの壁の地図はコチラ

 

やっぱり、ベルリンの壁を見るための観光用の地図が

あった方が良いですよね。

 

1:イーストサイドギャラリー…

「東駅を出てから、シュプレー川に沿って、オーバーバウム橋

まで続いている・長さ1.3キロメートル」

 

イーストサイドギャラリー周辺の地図を見たい人のために、

URLを載せておきますね。

→イーストサイドギャラリー周辺地図はコチラ

 

 

2:チェック・ポイント・チャーリーと壁博物館…

「住所は、Friedrichstr,43 10969 Berlin」

 

チェック・ポイント・チャーリーと壁博物館周辺の地図を

見たい人のために、URLを載せておきますね。

→チャーリーと壁博物館周辺の地図はコチラ

 

 

3:テロのトポグラフィー…

「チェック・ポイント・チャーリーと壁博物館から西へ1ブロック

進んで、ニーダーキルヒナー通り」

テロのトポグラフィー周辺の地図を見たい人のために、URLを

載せておきますね。

→テロのトポグラフィー周辺の地図はコチラ

 

 

 

ベルリンの壁の場所は?

ベルリンの壁がある場所の住所は、

「Bernauer Str.119,

13355 Berlin,ドイツ」

なんですよ。

 

観光できる場所も「地図」で書いた以外の場所も、ここで

紹介していきますね。

 

1:ブランデンブルク門

2:連邦議会議事堂

3:カイザー ヴィルヘルム記念協会

4:ポツダム広場とソニーセンター

5:アレクサンダー広場とテレビ塔

6:ベルリン大聖堂

7:ペルガモン博物館

8:ハッケシャー ホーフ

 

などなど、ありますよ。

 

ベルリンの壁の現在は?

ベルリンの壁が崩壊してから四半世紀以上経っていますが、

現在はどうなっているのか気になりますよね。

 

ベルリンの壁があった当時のブランデンブルク門が、現在

Sponsord Link

は綺麗に壁がなくなってブランデンブルク門がはっきりと

見やすくなりました。

 

ベルリンの壁があった当時のチェック・ポイント・チャー

リーには検問所の見張り柱がありましたが、現在は観光客

用のために立て直されました。

 

ベルリンの壁があった当時のベルリン北部・ベルナウアー

通りに沿ってあったベルリンの壁が、現在はその場所には

ベルリンの壁記念碑があります。

 

ベルリンの壁があった当時のチェック・ポイント・チャー

リー近くの、フリードリヒ通りとツィマー通りの交差点は、

ソ連やアメリカの戦車が通っていましたが、現在は自動車

や自転車、観光客や観光客を乗せた馬車が通っています。

 

ベルリンの壁…勘違い?

ベルリンの壁が崩壊したのは、皆さんの知っての通りです。

 

ですが、どうしてベルリンの壁が崩壊したのか知ってますか?

 

ベルリンの壁が崩壊になったのは、ある男性の勘違いから

起きたことなんですよ。

 

その男性とは、報道官の「ギュンター・シャボウスキー」

氏です。

 

もともとの原稿の内容としては、「出国ビザを遅滞なく

発給する」というものでした。

 

ですが、どうして勘違いしたのかわかりませんが、シャボ

ウスキー氏は、

 

「私が知る限りでは…今でしょう。東ドイツ国民は今すぐ

全ての国境通過過点からの出国が認められます。」

 

と言ったところから、ベルリンの壁が崩壊する始まりだった

のです。

 

そして、1989年には東ドイツ政府が東ドイツ国民に対し

旅行は自由だ。

 

と取れる内容で、発表したのですが実は誤りだったのです。

 

そして、すぐに間違いを正すため東ドイツ政府はすでに

ソ連大使館を通して翌日には、伝える予定でした。

 

ですが、シャボウスキー氏は知らされることはありません

でした。

 

会議の途中で席を立ち、記者会見に臨みました。

 

記者会見じたいは、5分間と短い時間でしたよ。

 

東ドイツ国民は、その記者会見を見て「西へ自由に行ける!」

ということで、ベルリンの壁に東ドイツ国民が集まります。

 

そこで、東ドイツの警備兵と最初は押し問答をしました。

 

が、たくさんの東ドイツ国民が来て「自由化になった!」と、

押し寄せてくるため東の警備兵は、どう対処したら良いか

混乱してしまいます。

 

東警備兵が対処に困っている内に、その日の夜に数万人の

東ベルリン市民の人が、西ベルリンへ出国してしまいました。

 

そこへさらに浮かれた東と西の群衆が、ハンマーを片手に

ベルリンの壁に集まり、「もうこんなものいらないだろ!」

ということで、その場でハンマーを使いベルリンの壁を壊し

始めました。

 

ベルリンの壁のアート?

ベルリンの壁には、絵が描かれているんです。

 

オープンギャラリーということで、誰でも見ようと思えば

見ることができます。

 

そして、21の国の100人以上を超えるアーティストに

よって描かれている作品なんですよ。

 

ベルリンの壁講座♪

ブランデンブルク門近くにあった、ベルリンの壁跡が

あるんですよ。

 

ベルリンの壁の高さは「4メートル」もあったという

から、凄いですね。

 

ただの壁じゃなくて、塀みたいな感じがしてしまいますよ。

 

そこから出れないように、1つの牢獄みたいなものですよね。

 

そして、厚さは「15センチ」から「30センチ」

もありましたね。

 

そして、東と西のベルリンを区切るために

「43キロメートル」も、壁を作ったんですよ。

 

Sponsord Link

-世界の歴史を学ぶ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした