100万人に役立つ!あるある身近な生活情報!

もし知ってたら得する情報、知っとくと便利な情報盛りだくさん。みなさんに役立つ情報サイトです。

ビジネスを学ぶ

アウトソーシングの問題点!思わぬ落とし穴?もとの意味は?

投稿日:2017年7月29日 更新日:

 

アウトソーシングにも問題点はあります!

十分に問題点を理解して、本当に会社にとって

良い事なのか検討する必要があります。

Sponsord Link

 

 

アウトソーシングとは、自分の会社の業務を他の

会社に請け負ってもらう事ですね。

 

一見、人件費が削減されて、メリットばかりかと

思いますが・・・・

 

意外と落とし穴もあるようですね。

 

アウトソーシングのもともと意味や、

最近では、どのような企業がアウトソーシングの

期間工を募集しているのか、調べてみました。

 

 

〇アウトソーシングの問題点は?

〇アウトソーシングの期間工は?

〇アウトソーシングの意味は?

 

以下は、(アウトソーシングについていろいろ

と教えて!)という動画です。

 

 

アウトソーシングの問題点は?

アウトソーシングは良い点もありますが、問題点は

あります。

 

問題点1:

自分の会社のノウハウが育たない。

 

アウトソーシングに委託するということは、その

専門性が高い業務を外部の者に任せるということ

になります。

 

そして、その委託した部分のノウハウは本来の会社

の組織の中にためていくということが難しくなるた

め、自社のノウハウをやしなうことができなくなっ

てしまいます。

 

この問題点を防ぐためには、アウトソーシング会社

に業務仕様書を作ってもらうこと、定期的なすり合

わせをするということが必要です。

 

問題点2:

費用がかかりすぎてしまうことがある。

 

アウトソーシングに頼めば、必ずコストを削減できる

わけではありません。

 

イレギュラー業務といった対応や、システムの機能の

直し、オプションサービスの追加などをしたことによ

って、追加料金がかかってしまうことがあります。

 

なので、普通よりも費用が掛かってしまうということ

があります。

 

問題点3:

自社対応の方が高い質を得られることもあります。

 

アウトソーシングは最初から決められた手順で業務を

行うので、手順から外れたイレギュラーな業務の対応

はできないんです。

 

問題点4:

Sponsord Link

個人情報の取り扱いの不安。

 

アウトソーシングは、個人情報などといった重要な

会社内データを受け持つことになりますから。

 

しっかりとした設備を整えているアウトソーサーを

選ぶことは、大事なんです。

 

アウトソーシングの期間工は?

今2017年現在、募集しているアウトソーシング

の期間工は、

 

・「TOYOTA」トヨタ自動車
・豊田自動織機
・「TMEJ」トヨタ自動車東日本
・「KYUSHU」トヨタ自動車九州
・「SUBARU」スバル 群馬製作所
・「HONDA」本田技研工業 埼玉製作所
・本田技研工業 鈴鹿製作所
・「NISSAN」日産自動車 いわき工場
・日産自動車 栃木工場
・日産自動車 横浜工場
・日産自動車 追浜工場
・「日産車体株式会社」日産車体 湘南工場
・「特殊車両の組立・塗装」
・「パジェロ製造株式会社」パジェロ製造
・「マツダ」本社工場・防府工場
・「NISSAN」日産自動車九州
・「日産車体九州株式会社」日産車体九州
・「ダイハツ九州株式会社」ダイハツ九州 大分工場
・「自動車の車体番号・部品の生産」自動車の車体と部品の生産
・「ISUZU」いすゞ自動車 藤沢 栃木工場
・「日野自動車」日野自動車 日野 羽村 新田
・「SUZUKI」スズキ 湖西工場・相良と大須賀工場
・「トヨタ紡織」
・「アイシン・エィ・ダブリュ株式会社」アイシン・エィ・ダブリュ
・「CVTEC」シーヴイテック
・「Jatco」ジャトコ
・「ADVIOS」アドヴィックス
・「ダイキョーニシカワ」八松本工場・中関第二工場
・「NTN」磐田製作所
・「BRIDGESTONE」ブリヂストン
・「TOYO TIRES」東洋ゴム工業 仙台工場
・「EKK」イーグル工業 岡山事業場
・「FTS」本社工場・豊田工場
・「住電装プラテック」
・「TAIYO YODEN」太陽誘電ケミカルテクノロジー
・「Nitto」日東電工
・「ハーモニック・ドライブ・システムズ」

 

アウトソーシングの意味は?

アウトソーシングの意味は、会社の外から生産する

のに必要な部品や製品を調達したり、仕事の一部を

全て他の会社に請け負わせる経営です。

 

Sponsord Link

-ビジネスを学ぶ

執筆者: