100万人に役立つ!あるある身近な生活情報!

もし知ってたら得する情報、知っとくと便利な情報盛りだくさん。みなさんに役立つ情報サイトです。

眼について学ぶ

老眼はレ―シックでは治らないみたい!?改善はできる!

投稿日:2017年1月30日 更新日:

 

老眼はレーシックでは治らない

ようですね。しかし、今の医療

でも改善は可能なようです。

Sponsord Link

 

 

レ―シックの老眼改善は今も

研究段階にあるようです。

 

当然、改善がみられる方も

いらっしゃるようですが・・・

 

老眼をレ―シックする場合は、

信頼できる病院、そして十分な

医師との相談が重要になります。

 

○老眼はレーシックで治る?

○老眼を治すレーシック講座♪

○老眼講座♪

○老眼講座♪2

 

以下は、(老眼じゃなくても、老眼鏡

は使えるのかを検証しているんですよ。)

という動画です。

 

 

老眼はレーシックで治る?

老眼の人は、歳のせいで老眼になっているから治療なんてできない…

なんて、諦めていませんか?

 

確かにレーシックという治療法が無ければ、老眼を治すことは

できなかったでしょうね。

 

老眼を治すとまでは言わないまでも、改善する事は可能なようですよ。

 

レーシックで治療すれば、老眼鏡無しでも近くも遠くも見ることが

できるようになりますよ。

 

老眼をレーシックで治したいのなら、それに対応した専門の医者や

病院などを選ぶ必要があります。

 

40代前後や、40代以降なら本人には老眼の自覚はなかったとし

ても、実際は老眼が始まっているということもあります。

 

「モノビジョンレーシック」や「CK」、「ビュープラス」や

「スープラコア」というものが、老眼を治療する方法としては

一般的なものです。

 

今回は、モノビジョンレーシックについて書いていきます。

 

昔から行われているレーシックの治療法で、右目と左目の視力に

差をつけるんですよ。

 

それで、近いものも遠くのものも両方とも見やすいようにするものです。

 

治療する前には、治療した後の見え方がどんな風なのかということを

体験することもできるんですよ。

 

そして、昔からなので歴史もあるので安心して治療を受けることができますね。

 

老眼を治すレーシック講座♪

モノビジョンレーシックは、左目と右目で見え方を変える

治療方法なんです。

 

手には利き手や足には利き足というものがあるのは、皆さん

知っていると思います。

 

何故いきなり利き手・利き足の話をしたのかと言うと、皆さん

はご存知かどうかわからないですが、目にも同じことが言える

んですよ。

 

目にも利き目というものがあり、例えば利き目が右だとする

なら、右目で主に遠くを見る場合に使うんです。

 

その逆の方の左目で、近くを見る場合に使うんですよ。

 

利き目が逆であっても、同じことが言えます。

 

それを利用して、右と左の見え方を調整し遠くも近くも両方とも

見えるように対応させる治療法がモノビジョンレーシックなんです。

 

治療内容としては、だいたい近くを見ることに使われている利き目

と、その反対の目の矯正を弱めにするんだそうです。

 

そうすることによって、近くが見やすくなるんだそうですよ。

Sponsord Link

 

右目と左目の視力を変えるので、近くも遠くも見やすくするんです。

 

ですが、急に見え方が変わってしまうため慣れてくるまでには、

個人差はありますが時間が必要になりますね。

 

やっぱり、見え方に違いが生まれてしまうためどうしても対応

できない人も出てきます。

 

後で後悔しないためにも、先にしっかりと対応できるかどうかの

検査を受け、専門のお医者さんと相談した上でこの治療を受けるか

どうか決める必要があります。

 

 

 

老眼講座♪

老眼鏡も最近では、お洒落なフレームもありブルーライトも

カットしてくれるんですよ。

 

老眼と言っているのが、老視と呼ばれる目に起きる障害の1つ

なんですよ。

 

老眼が正式ではなく、「老視」が正式な名前なんですよ。

 

年を取ると目の中の水晶体の弾力が失われ調整する力が弱くなります。

 

近くにある物に焦点を合わせるスピードが遅くなることもありますが、

逆に焦点を合わせることができなくなることもあります。

 

だいたい早くて40代から還暦を迎える60代の初めに自覚する人が多い、

実際のところ二十歳前後から調節する力が弱くなり始めます。

 

普段の生活で字を読んだりする時の距離の30センチ前後が、見えにくく

なる年齢が二十歳前後だということです。

 

だいたい個人差があるため、一般的に言うと40歳前後やもっと早い人だ

と30代中頃で自覚する人もいます。

 

遅い人であっても、50代から還暦を迎える60歳頃までに自覚する

人もいます。

 

老視は遠くを見ることができ、中距離や近距離の細かい字や小物など

の細かい部分が滲んでしまったり、チラチラして見にくくなります。

 

パソコンや携帯電話などの画面や本を読む場合など、近距離で長い時間

見ていた後に、遠くを見ようとしてもすぐに調整がきかずしばらくの間

見づらいという症状があらわれる。

 

比較的明るいところでは近い距離も見えますが、暗いところでは遠くの

距離もやや見づらいといった症状。

 

特に近い距離の場合に老視特有の見づらさが強くなったり、比較的暗い

感じの色の小物なども見づらくなるといった症状もあわさる場合も多い

んです。

 

近視の人は、近くにピントがあるので老視の症状があったとしても

自覚しづらいですね。

 

次にレ―シックの失敗談を1つ。

 

レーシックで治すことはできますが、失敗はしたくないですよね。

 

近視のレーシックを受けてやっとメガネとかコンタクトレンズは

要らなくなって、裸眼でも見ることができるようになりました。

 

その時は、そのまま裸眼で生活を送ることができると思っていました。

 

それなのに、あれからそれほど長く経っていない数年の内に、

老眼鏡が必要になってしまったんです…

 

だいたいは、近視を治すことが多いんですが、老眼というものは

遠くは見えるんですが近くになると見えないんです。

 

そのため、近視を治していても老眼が始まってしまえば他の人達

と同じように近いものが見えにくくなるんです。

 

老眼講座♪2

少しでも老眼を予防できる食べ物があるのなら嬉しいと思いましたので、

いくつか紹介していきますね。

 

「ルテイン」が入っている…

例えば、ほうれん草とかブロッコリーといった緑黄色野菜。

 

「コエンザイム」が入っている…

例えば、いわしやさばといった青身魚・うなぎ・牛肉や豚肉といった動物の肉・豆を使った製品・サプリメント。

 

「アントシアニン」が入っている…

例えば、ブルーベリーなら特に皮・黒豆・フルーツのぶどうや赤ワイン・紫芋・あずき。

 

「ビタミンA」が入っている…

例えば、緑黄色野菜全て・うなぎ・レバー(肝)・しそ。

 

「ビタミンB1」が入っている…

例えば、ビール酵母・豚肉や子羊肉や牛肉などの動物の肉・うなぎ・レバー(肝)・豆類全て。

 

「ビタミンB2」が入っている…

例えば、うなぎ・豚の肝・さばや秋刀魚や鰯の青身魚・カレイ・カキやホタテの貝柱やしじみ。

 

「ビタミンC」が入っている…

例えば、じゃがいもやさつまいもの芋類・ブロッコリーやカリフラワーなどのつぼみ野菜・ほうれん草やキャベツや大根の葉っぱなどの葉物野菜・ピーマンや赤いピーマン・アセロラやグァバ、柚子やレモン、キウイフルーツなどのフルーツ。

 

「ビタミンE」が入っている…

例えば、ひまわり油・アーモンド・小麦胚芽・マーガリン・たらこ。

 

「コンドロイチン」が入っている…

例えば、おくら・納豆・うなぎ・山芋・フカヒレ。

 

Sponsord Link

-眼について学ぶ

執筆者: