100万人に役立つ!あるある身近な生活情報!

もし知ってたら得する情報、知っとくと便利な情報盛りだくさん。みなさんに役立つ情報サイトです。

食品について学ぶ

ヨーグルトメーカーのr1効果が驚愕!カンタン使い方や活用法も!

投稿日:

 

ヨーグルトを作ると時に一緒に入れるr1

って知ってますか?

 

Sponsord Link

 

その効果が様々な実験でも証明されてきて

すごいようなんです。

 

また、r1と同様に噂になっているガセリ菌

ですが、こちらも効果がすごいようです。

 

またヨーグルトメーカーの使い方や、驚きの

活用法もまとめました。

 

ヨーグルトメーカーっていろいろな物が作れ

るんですよ。

すごい便利ですね。

 

○ヨーグルトメーカーのr1効果は?

○ヨーグルトメーカーでガセリ菌?

○ヨーグルトメーカーの使い方は?

○ヨーグルトメーカーの活用法は?

○ヨーグルトメーカー♪

 

以下は、(ヨーグルトメーカーについて

いろいろと教えて!)という動画です。

 

 

ヨーグルトメーカーのr1効果は?

ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る際に

一緒に入れるr1の効果がすごいんです。

 

r1効果1:

「NK細胞を活性化してくれる」

NK細胞ががん細胞と、ウイルス感染細菌を

攻撃してくれます。

 

r1効果2:

「腸の中の環境を整えてくれます」

r1が体の中に入ることで、腸の中を綺麗にしてくますよ。

 

r1効果3:

「実際にマウスでNK細胞の活性化を確認」

マウスを使ってNK細胞が活性化するかを、試してみて

活性化することが確認されました。

 

ヨーグルトメーカーでガセリ菌?

ヨーグルトメーカーを使って、ガセリ菌入りのヨー

グルトを作ることができるんですよ。

 

用意するものは、ヨーグルトメーカー以外では

牛乳とガセリ菌株の入ったヨーグルト。

 

まずは、牛乳をパックのまま温めてから、牛乳を

減らしそこへガセリ菌株の入ったヨーグルトを

入れます。

 

そして、しっかりとかき混ぜますよ。

 

それをヨーグルトメーカーにセットし、7時間か

ら8時間ほど放置しますよ。

 

ガセリ菌ヨーグルトの完成です。

 

ヨーグルトメーカーの使い方は?

ヨーグルトメーカーの使い方としては、最初は

Sponsord Link

予備加熱から始めます。

 

牛乳のパックの口を開けず人肌ぐらいまで、

予備加熱をして温めます。

 

スターター添加は、口に入れる牛乳やヨーグルト

などを触れる道具は、全てしっかりと殺菌しまし

ょうね。

 

そして、ヨーグルトでも粉末でもどちらでも良い

ですが、牛乳の5パーセントから10パーセント

での間で添加すれば良いですよ。

 

牛乳にスターターを入れた後は、しっかりとかき

混ぜますよ。

 

牛乳にスターターを入れてからは、素早く口を

閉めます。

 

そしたら、ヨーグルトメーカーにセットして発酵

させて、牛乳が固まってきたら出来上がりです。

 

ヨーグルトメーカーの活用法は?

ヨーグルトメーカーは、ヨーグルトを作るのは当然

の活用法ですが、それ以外の活用法があるようなん

です。

 

活用法1:「人参ラペ」

活用法2:「白味噌」

活用法3:「豆乳ヨーグルト」

活用法4:「キムチ」

活用法5:「甘酒」

活用法6:「ザワークラウト」

活用法7:「ローストビーフ」

活用法8:「納豆」

活用法9:「塩麹」

活用法10:「塩レモン」

 

ヨーグルトメーカー♪

ヨーグルトメーカーを使うメリットは、お家で作る

ことができる。

 

ヨーグルトをお店で買うより、安上がりになる。

 

そして、ヨーグルトメーカーを選ぶポイントは、

「温度設定機能」がついていること・「タイマー機能」

がついていること・「容器タイプ」であることですよ。

 

『人気のあるヨーグルトメーカー』

1番人気は「タニカヨーグルティアS」

2番人気は「トープランヨーグルトファクトリー PREMIUM」

3番人気は「アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー 温度調節機能付き」

4番人気は「ピーターラビット ヨーグルトメーカー」

5番人気は「曙産業 カスピ海ヨーグルトメーカー」

6番人気は「曙産業 水切りヨーグルトメーカー」

 

そして、ヨーグルトメーカーでは豆乳を入れた豆乳

ヨーグルトも作ることができるんですよ。

 

特に、豆乳ヨーグルトは女性に嬉しい効果を得られ

るんですよ。

 

お肌を美しくできる・ダイエットもできる・デトッ

クス効果・便秘解消…という効果があります。

 

Sponsord Link

-食品について学ぶ

執筆者: