100万人に役立つ!あるある身近な生活情報!

もし知ってたら得する情報、知っとくと便利な情報盛りだくさん。みなさんに役立つ情報サイトです。

海洋生物を学ぶ

マンボウの寿命は100年!?死因がストレスはゲームの嘘?

投稿日:2017年3月10日 更新日:

 

マンボウの死因がなぜか話題になっています。

だけど、インターネットに書いてある死因は

ウソばかりらしいですよ。

Sponsord Link

 

 

ウソばかりなのは、ゲームやインターネット

の情報をみんなが本当だと思いこんでしまっ

た事が原因のようですね。

 

マンボウの寿命は100年!?

 

定かではないのですが、もしかすると生きるの

では?と言われています。

 

気になるマンボウの特徴を調べてみました。

 

 

○マンボウとプランクトン?

○マンボウの寿命は?

○マンボウとストレス!?

○マンボウの死因?

○マンボウ講座♪

 

以下は、(これでマンボウの死因とかわかる

と良いんだけど…)という動画です。

 

 

マンボウとプランクトン?

マンボウは動物性プランクトンを食べて、生きています。

 

ですが、最近ではプランクトン以外でも食べるようなん

ですよ。

 

マンボウは、自分が飲み込んだプランクトンが体の中で

動いたからストレスで死んだという話もあるようです。

 

マンボウの寿命は?

飼育されているマンボウの寿命は、長くて「10年」なんです。

 

自然で生きているマンボウの寿命は20年以上と言われています。

 

近い種であるヤリマンボウの寿命は、「82年」から「105年」。

 

これぐらい生きているマンボウもいるのでは?

 

と言われていますが、はっきりはしていません。

 

 

マンボウとストレス!?

マンボウがストレスに弱くて、すぐに死んでしまうと

いうのは嘘なんですよ。

 

マンボウがどうしてストレスに弱くて、死んでしまう

ということが出回ったのかというと、ゲームやインタ

ーネットが原因だったんですよ。

 

ゲームの情報を本当だと間違えてしまった可能性があ

りますね。

 

マンボウの死因?

たくさんありますが、その死因は嘘ばかりなんだそうですよ。

 

マンボウの通常の死因は他の海洋生物と一緒ですよね。

 

マンボウの死因がウソばかりなのは、マンボウの飼育ゲーム

Sponsord Link

の死因を本当の死因と勘違いしている可能性があありますね。

 

ゲームの死因の例をあげると・・・

 

例えば、一気に海底に潜ると水が冷たいため死ぬ。

 

例えば、日向ぼっこをして寝てしまったらいつの間にか陸に

打ち上げられ死ぬ。

 

例えば、体の外についた寄生虫を殺すためにジャンプすると

水面に落下して激突して死ぬ。

 

ゲームの中では、それが以外にも、たくさんの死因がある

ようですよ。

 

マンボウ講座♪

今は、引退してしまいましたが元芸人のマンボウやしろさん

がいました。

 

マンボウは、かなり新鮮なものであれば刺身として食べる

ことができるんです。

 

そうでなければ、から揚げにしたりすると美味しく食べら

れます。

 

淡白な白身魚のような感じなので、味付けはしっかりと

つけた方が美味しく食べられますよ。

 

冬は鍋物に入れて食べると、美味しく楽しく食べられますね。

 

肉質としては、魚というよりも鶏肉に近い感じですよ。

 

ダイエットしたい人で、お金に余裕のある人は鶏肉の代わり

にマンボウの肉を使うと良いかもしれませんね。

 

マンボウの死因には、アシカが関わっていることがあるん

ですよ。

 

アシカは、ご飯と間違えてしまったのかもしれませんけどね。

 

食べられてしまって、マンボウが死んでしまうということが

自然界では起きているようなんですよね。

 

マンボウの赤ちゃんは、体が小さいのは当たり前なんですが

ほとんど大人のマンボウと変わらないんですよね。

 

マンボウのイラストも、たくさんあってとっても可愛いですね。

 

これなら、小さい子供さんでもマンボウを受け入れることが

できそうですよね。

 

これは、ゲームの中のマンボウの寿命の話なんですが、なか

なか寿命をまっとうして死ぬことはできないらしいんですよね。

 

マンボウゲームのアプリがあり、それでは体重を増加させて

マンボウポイントというものをためてレベルアップを目指す

というゲームです。

 

このゲームでは、マンボウは生きているので寿命がくれば

死んでしまいますよ。

 

生きる伝説というものに進化させたマンボウの体重は、

1万キロになればイベントとして寿命となり死んでしまう

という感じです。

 

 

Sponsord Link

-海洋生物を学ぶ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事